一人で悩まずに自分に合った「安心・納得」のできる相談先をお探しします!

債権回収おすすめサイト

債権回収の方法・流れ

債権回収は問題が大きくこじれることが多く、慎重な対応が必要です。状況を正確に分析し、それに応じた適切な戦略を立てることが肝心です。

  • 書面に残しておらず口頭での約束しかない
  • 今後も取引があり、もめたくない
  • 書面にミスがあり、それを盾に支払ってくれない。

債権者ごとに、様々な状況があると思いますが、自分で対応するには困難が立ちはだかります。当サイトでは法律の力による債権回収の解決を推奨しご紹介しております。

債権回収のポイント

早い対応が肝要です。
債権者による奪いあいも発生し、指をくわえて待っていたら、債務者の返済資金がなくなってしまったということも少なくありません。債権回収には時効もあります。

債権回収の専門家の選び方

自分で対応

もちろん債権回収は、債権者と債務者の間であれば、自分で行うことが可能です。しかし、ノウハウの不足や、相手との力関係に遠慮して結局時間を浪費して、回収できなかったという例は少なくありません。原則は、専門家に依頼することをお奨めします。

弁護士に依頼

債権回収には様々なケースが想定できるため、法律を駆使できるというだけで、選択肢が広がります。また、訴訟という最終手段を持っているのも強みです。弁護士が対応しているという心理的プレッシャーを相手にかけることも有効な手段です。

同じ法律家である司法書士、行政書士との違い

司法書士は140万円を超える債権回収ができくなっております。また、内容証明書を送付した後の交渉も、原則として行うことができません。弁護士に比べて色々とできることの制約が発生します。

サービサーとは?

債権回収会社のこと。平成11年2月1日に施行された「債権管理回収業に関する特別措置法」に基づいて、法務大臣が認可した債権回収の会社です。サービサーとして認可を受けるには、資本金が5億円以上、従業員に暴力団関係者がいないことなどの要件が設定されています。個別の債権回収を行うより、金融機関から債権を買い取り、回収する業務を実施していることが多いです。

債権回収の解決

方法・流れ
債権回収に関する方法・流れをご説明します。
ポイント
知っておきたい債権回収のポイント
専門家の選び方
失敗しない専門家の選び方

債権回収の事例

医療の債権回収をお願いしました。
(神奈川県/男性29歳)
このページの先頭へ